主婦でも借りれる消費者金融

MENU

自己破産した後のお金の借り入れについて

自己破産とキャッシングの相性

最近では、自己破産を経験した人や債務整理者等は増加していまして決して珍しい事ではなくなりました。債務整理等をして清算をしますとお金を返さなくてもよくなり、新規一転新らしい生活の計画などが出来るのですが、それにはそれなりのデメリットもある事を知っていて欲しいのです。では、自己破産をして「ブラックリスト」に乗っている方がまとまったお金が必要になった場合はどの様にしたらお金をかりられるのでしょうか。

 

まず、自己破産の手続きをしたり、任意で整理をしますと借り入れの記録が残り消えることはありません。勿論記録があると言う事は、大手の消費者金融や銀行で借り入れは不可能です。借入れの申請の時、今までの記録で審査される為、信用情報機関に個人情報が回り、その記録が5年から10年は消えませんので、その間はカードローンの審査は勿論の事申し込みも無理なのです。いままでの事故記録は金融機関間ではすぐに分かる事なので、たとえ隠して申請をしたとしてもすぐ発覚してしまいます。

 

しかし、金融会社の中には、過去に事故記録があってもキャッシングは出来ます。」と謳っている会社も見当たります。中堅の金融機関ならばであれば借入ができないと、一概に言えませんが、やはり事故記録をお持ちの方がお金の申請をする訳ですから訳ありの方ですよね、その様な人達をターゲットにしているヤミ金融業者も有ります。もしうっかりヤミ金に申込をしてしまうと後々大変なことになっていきます。その様な金融業者から融資を受ける事になり、後になって気づき、キャンセルをお願いしても、キャンセル料などを請求される羽目になり、結局借入れをする羽目になり、被害に合う人もでてます。その様な業者かどうかの見極め方ですが色々簡単な方法があります。HPやチラシなどに乗っているお店の電話番号が記入去れてなく「080」や「090」の携帯電話のみだったり、金融業者のHPに申込フォームしかのってない会社は信用しないでください。

 

あとは、これから申請しようとする金融業者が貸金業の登録を持っているかを調べたい場合ですが、専用のサイトで調べる事ができますからくれぐれも慎重に選んで決めてください。また、自己破産の最中の方で、任意整理中の方は万が一、弁護士や司法書士にもし借入が発覚すると借入が出来なくなる事もあります。自己破産をしてしまった方というのは、借金の返済が出来なくなるのはもちろんの事、ブラックに陥ってしまったのですから、新しく借入をする事にしたなら今回こそ必ず返済ができるようよく考え、ミスのない計画をた二度と同じ間違いをくり返さないように肝に命じましょう。